ホーム グッズ製作で家紋を活用

 

グッズ製作で家紋を活用

 

企業様やサークル様のオリジナルグッズ製作には、エコ素材や和の木製素材など様々なこだわりがあります。

中でも、団体を象徴するロゴマークをぜひ取り入れたいという団体様は多いのではないでしょうか。

現在では様々なロゴマークがありますが、日本に昔からあるロゴマークとして最近では家紋が注目されています。

 

 

家紋とは?

 

家紋は元々平安時代の貴族が牛車につけたマークです。

どの家の牛車か判断できるようにという点やデザイン面から取り入れられるようになっていきました。その後武士が台頭してくる中で、戦の時に敵や味方が判別できるように、また、家柄・仕えている家・出自といったオフィシャルな情報が一目で分かるように利用されてきました。

現在でも大手企業様のなかには、家紋風の企業ロゴマークを使用されているところが多いです。

当店でも家紋入り名入れオリジナルグッズを小ロットから製作させていただくことができます。

 

 

家紋注意点

 

家紋は現在法律で規制されているわけではありません。あくまでもロゴマークなので、「今日から我が社の家紋はこれ!」といって勝手に決めて良いものです。

好きな戦国武将の家紋をアレンジするのも人気です。ただし、皇室で使用している菊の御紋や徳川葵紋など、とても有名で今でもその一族が使っているようなものは倫理的に問題となります。

また企業紋の場合は商標登録されているケースもありますので、製作の際は注意しましょう。

 

 

家紋のモチーフ選び

 

有名な家紋のモチーフには、当主の憧れや象徴的な動植物、近隣で名産品だった日用品、幾何学模様など様々なものがあります。平氏や藤原氏、織田氏が使っていた蝶紋は今でもデザイン的に秀逸と言われている紋様の1つです。

基本的には企業理念や取り扱っている商品を象徴的に表したものが良いでしょう。例えば、滋賀県は近江牛や鮒寿司が有名で、取り扱っている企業様も多いです。そのような企業様の場合、家紋に牛や鮒を入れるのもおすすめです。

オリジナルグッズ製作でも活用できるロゴマークになります。

 

 

オリジナルグッズは販促活動や様々な場面で重宝するものです。

当店でも家紋やこだわりのデザインで企業活動に役立つオリジナルグッズ製作をサポートしています。

家紋をお好みの色にアレンジすることもできますし、企業ロゴもフルカラーでプリントできますので、まずは一度ご相談ください。

  • 木にプリントしたグッズ
  • コルクにプリントしたグッズ
  • 布やキャンパスにプリントしたグッズ

モバイルショップ

別注やOEMのご相談